ココナッツオイルで肌への塗り方とスキンケア方法

ココナッツオイルで肌への塗り方

いろいろなところで話題を呼んでいるココナッツオイルですが、どのように使ったらいいのか分からないという人もいるでしょう。

ココナッツオイルは非常に万能性が高く、食用としてもヘアケア用としてもスキンケア用としても使うことができます。

使い方は難しくありませんが、慣れないうちは量に気をつけないと、ベトベト感が出てしまい不潔感漂ってしまうので、注意が必要です。

ここでは主にスキンケアに使えるココナッツオイルの活用方法を紹介していきます。

ココナッツオイルが人気を呼んでいる理由

ココナッツオイルが話題を呼んでいる理由は、幅広い使い道だけではなく、高い美容効果もあります。

ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸と呼ばれる脂質ですが、中鎖脂肪酸は分子量が非常に小さいために吸収性に優れているという特徴があります。

そのため、高い保湿効果を発揮してくれます。

 

またラウリン酸も豊富に含まれており、免疫料をアップしてくれます。

ラウリン酸は主に母乳に含まれる成分で、赤ちゃんの免疫力向上に役立っている成分です。

さらにビタミンEも含まれているので、活性酸素を抑制する効果もあります。

 

ココナッツオイルをスキンケアに使うには

ココナッツオイルをスキンケアに使う場合、最初はマッサージオイルとして使うことから始めていくことをお勧めします。

分量を間違えてもフォローできる使い方だからです。

 

ココナッツオイルは25度以下の温度では固形化しているので、湯煎などであらかじめ液体化させておきましょう。
洗顔やクレンジングを行なった後、水分を軽く拭きとった状態で、ココナッツオイルを5、6滴手にとって、頬から順に顔全体へと馴染ませていくようにマッサージをしていきます。

そのあと、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

ココナッツオイル肌ケア効果と使い方 お肌ツヤツヤスキンケア

 

この活用方法では主に保湿効果を得ることができます。

肌荒れをしている場合、その部分にも効果をもたらしてくれます。

ラウリン酸の免疫力アップ効果やビタミンEの活性酸素抑制効果などから、肌を修復してくれる効果があります。

 

ココナッツオイルをスキンケアに活用する場合、とくに何かに混ぜて使う必要はありません。

適量をそのまま使うことで、効果を得ることができます。

クレンジングとしての活用方法

化粧を落とすときにクレンジング剤を使っている人が多いでしょうが、ココナッツオイルはクレンジング剤の代わりとしても活用することができます。

この方法も使用するココナッツオイルの量を気にしなくて良いので、ココナッツオイル初心者にお勧めの方法です。

 

まずは、大さじ1杯から2杯分の量のココナッツオイルを手にとって、体温で溶かしていきます。

その後は通常のクレンジング剤と同じように顔全体になじませるように広げていきます。

しっかりと馴染ませた後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流していきましょう。

肌用ココナッツオイルの肌に塗るやり方おすすめ

 

この方法では、スキン表面にココナッツオイルの成分が残るので、その後のケアを気にしなくても良いというメリットがあります。

 

さいごに

ココナッツオイルをスキンケアに活用する場合、適量を使っていけば、そのまま使うことができます。

しかし、必ずパッチテストなどは忘れずに行なうようにしてください。

肌に合うかどうかは個人差が大きいので、誰にでも使うことができるとは限らないからです。

食用として活用するときも胃腸が弱い人は腹痛や下痢になってしまうことがあるほど、吸収性が高いので、必ず肌に合うのかを確認するようにしましょう。

 

こちらでもココナッツオイルを使ったスキンケアを紹介しています。

ココナッツオイルで美肌に!スキンケアとして使う方法

コメントを残す